前期夏季保育の様子

■前期夏季保育の活動(園のおたよりより)

前期夏季保育の初日・2日目に行った活動を簡単ですが紹介いたします。

<年少組> 年少組は2日間で旗船を作りました。初日は旗船の旗の制作。旗となる紙の両面に絵を描き、短く切った竹ひごを間に挟み、のりで貼ります。先生の説明に従い、各自思い思いに紙の両面に「さかな」「ひまわり」「自分の顔」「ボール」等の絵を描き、竹ひごを挟み、きちんと糊で貼り、旗を作りました。2日目には、旗をカップに立て旗船としてビニールプール(の海)に浮かべました。

<年中組> 初日、年中組はさかなつり大会を行いました。水の入っていないビニールプールを海に見立て、自分達であらかじめ作っておいた紙の魚を入れ、さかなつりを行い、釣った数を競いました。周りで見ている友達たちの声援を受け、みんな、たくさん釣り上げようと一生懸命でした。たんぽぽ組では9匹、こすもす組では7匹も釣った子がいて、周囲から拍手を受けていました。当日、みんな、釣り上げたさかなの一匹と釣り竿はお家に持って帰りました。

<年長組> 2日目、年長組は園児それぞれの好みに応じてカブトムシやクワガタムシを作りました。あらかじめ牛乳パックで作っておいた胴体に茶色、こげ茶色、黒色の3色の色紙から好きな色紙を選び、ちぎって貼り、胴体に色を付けます。次に同じ色の色紙をはさみで切り、角を作ります。カブトムシを作りたい園児は先をYの字にした角を一本、クワガタムシを作りたい園児は角を二本作り、貼り付けます。最後に白い画用紙を丸く切り、白目を作り、そこに目を描き入れ、出来上がり。角も目も大きさ色々ですが、かわいい虫たちが出来上がりました。