緊急地震速報訓練 防火防災教室

■緊急地震速報訓練 防火防災教室の様子より(園のおたよりより)

 当日は天白消防署予防課の方をお招きし、緊急地震速報に対する訓練を行い、その様子を見て頂くとともに、その後、2階ホールにて防火防災教室を開き、お話をして頂きました。
<緊急地震速報の訓練>
強い揺れが到達することを伝える緊急地震速報が発表されたという想定の下で身の安全を守る訓練を行いました。訓練の緊急地震速報が各保育室に流れると、担任の指示に従い、各クラスの園児とも、静かに落ち着いて身体を小さくして、頭を両手で押さえ、床に伏せました。2階ホールにて防火防災教室に先立ち、予防課の方からは「皆さん一生懸命に取り組んでいました。大切なこととしては、姿勢を低くするときにしっかり頭を押さえておくことです。このことを忘れずに次の訓練に生かしてください。」とお話がありました。

<防火防災教室について>                                                防火防災教室では、まず初めにビデオ「サル太郎 地震には負けないぞ!-地震への備え大作戦-」を見て、その後、予防課の方のお話も交え、クイズ形式でビデオの内容のおさらいをしました。ビデオにも出てきました「おはしも」にも触れ、「避難をするときには、おさない、はしらない、しゃべらない、もどらない、この四つを守って下さい。<はしらない>は人を押しのけ、慌てて走り出さず、急いでいる中でも落ち着いて避難することです。」というお話がありました。最後にその場で、園児、そして先生、全員で身を守る姿勢を取り、その様子を見てもらいました。全園児、おしゃべりをせずにしっかりとビデオを見て、お話も聞いていました。子ども達にとって、改めて地震の怖さを受け止める大切な機会になったと思います。